医療の現場における小児科の問題点とその対策

医療の現場における小児科の問題点とその対策

医療の現場における小児科の問題点とその対策

現在、日本の医療において、最も減少しているのは、産婦人科の医者と小児科の医者だそうです。その理由は、どちらも大変過酷な勤務があると言うことです。特に勤務医の場合は、超過労働をしている医師がほとんどだと言えます。つまり、昼間の診療を終えた後でも、夜間診療をしなければならないとか、休日でも緊急呼び出しがある等です。その反面、やはり給与はあまり十分とはいえないのが現状です。さらに、診療報酬の問題もあります。今の病院はやはり採算があわない診療科目を閉鎖しようとする傾向にあります。その点から行くと、小児科は、最もその対象になりやすい診療科目といえるでしょう。この点は、現在の診療報酬の体系に問題があるといえます。そのため、あえて過酷な小児科を選ぶ医学生が減少しているという事実があります。それによって、現在の医師不足となっているわけです。

では、この小児科の危機に関してどう言った対策を考えなければいけないのでしょうか?一番大切なのは、小児科の医者を増やすと言うことです。そのためには、やはり現在の診療体制を再度考え直すときが来ているのではないでしょうか?今の日本では、小児科は小さい病院が多く、そのため、閉院してしまうことになったりと、病院数が減少しているのです。ひとつのこころみとして、大きな病院とのネットワークを作り、重篤な患者などはそこで集中的に治療し、個人病院との連携をつよめていくとものです。そして、大病院でも、その勤務体制をチーム制にしたりなどと、ようやく、この危機を感じていろいろな対策が講じられつつあります。